機械系

P部カウンタースプリング破損

P部カウンタースプリング破損P部カウンタースプリング破損修理

群馬県館林市 カイロプラクティック院

機種
ゼニス440型 トムソンテーブル
修理箇所
P部カウンタースプリング、P部プレートボルト、リミットスイッチ
症状
P部カウンタースプリング破損、P部プレートボルト紛失、リミットスイッチ劣化
修理のきっかけ
P部の位置調整ができなくなった
担当者より
この度は、当社をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

P部カウンタースプリング破損でP部の位置調整ができなくなったとの事でお伺いしました。該当部品を新品に交換し、無くなっていたP部プレートボルトを取り付けました。
またもう一台のテーブルはハイロー時に途中停止するとの事でしたので点検し、ハイロー動作制御用のリミットスイッチが劣化により導通不良を起こしていましたの交換修理を行なう事で対応致しました。

カウンタースプリングは身長合わせを行なう際に必ず稼働する部分であり、P部を一番低くした場合には伸びきっている状態になりますので劣化も早くなります。
ストップノブを緩めスプリングを戻しておくと劣化が抑えられますので、施術外の時間にはスプリングを緩めておくことをお勧め致します。

メディコムはトムソンテーブルはじめ、各種ゼニステーブルの輸入・販売・修理・買取を行っておりますので、お困りのことがございましたらいつでもご相談ください。
ご利用いただきありがとうございました。