機械系

スプリングピンの交換

トムソンベッドH(ヘッドピース)部リフトレバースプリングピン交換前上部:修理前と下部:修理後トムソンベッドH(ヘッドピース)部リフトレバースプリングピン交換後

埼玉県桶川市 治療院

機種
ゼニス440型 トムソンテーブル
修理箇所
H部(ヘッドピース部)左側リフトレバー
症状
H部左側リフトレバーのスプリングピン破損
修理のきっかけ
H部左側リフトレバーが使えなくなった
担当者より
この度は、当社をご利用いただきまして誠にありがとうございました。
H(ヘッドピース)部リフトレバーが使えなくなったとのことで訪問修理にお伺いしたところ、リフトレバーのバネを止めるためのスプリングピンが金属疲労により破損していましたので新品に交換することで対応致しました。また併せてリフトレバーのバネも新品に交換いたしました。

長年テーブルをご使用されますと様々な箇所で経年劣化が進みますので違和感や不具合が御座いましたらお気軽にご連絡下さい。

メディコムはトムソンテーブルはじめ、各種ゼニステーブルの輸入・販売・修理・買取を行っておりますので、お困りのことがございましたらいつでもご相談ください。
ご利用ありがとうございました。